Architect解説講座

第11回「スペースの設定」

ArchitectDesigner

この記事は【2014年5月14日】に公開されたもので、2年以上経過しています。
記事の内容が古くなっていたり、新機能の追加・機能の改善が図られていることがあります。

11.6 スペースのラベル設定

スペースに面積や室名の情報を表示するオブジェクトをスペースラベルと言います。

11.6.1 スペースラベルの設定

スペースラベルの種類やクラス割り当てを設定します。

  • ラベルを表示:スペースラベルを表示するにはチェックを入れます。
  • クラス:スペースラベルに割り当てるクラスを選択します。「<スペースのクラス>」を選択するとスペース自体に割り当てられるクラスがラベルにも割り当てられます。
  • ラベルシンボル:スペースラベルの種類を選択します。
  • ラベル角度:スペースラベルを傾ける際に角度を入力します。
  • フィールド一覧:選択したスペースラベルに含まれる文字列に対し、どの情報を表示するかを表します。フィールドを選択するとラベルのプレビューに表示される文字列が赤くハイライト表示されます。
  • フィールドの書式:フィールド一覧で選択した文字列に、表示させるスペースの情報を選択します。
  • ラベルの管理:スペースラベルを編集したり、追加したりする際に使います。ここで追加したスペースラベルは、アクティブファイルのみ有効です。
  • デフォルトとして保存:設定したスペースラベルをどのファイルでも使えるように、デフォルトラベルとして保存します。

スペースのラベル設定カテゴリ

この機能を利用できる製品

Architect

Vectorworks Architect

建築設計や内装、ディスプレイデザインに対応した先進的なBIM・インテリア設計支援機能、拡張機能、さらには豊富な建築向けのデータライブラリを搭載した建築/内装業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Designer

Vectorworks Designer

専門分野別(建築設計/ディスプレイデザイン、ランドスケープデザイン、ステージデザイン&スポットライトプランニング)の設計支援機能、拡張機能、さらには豊富なデータライブラリを搭載した最上位の製品
詳細情報 購入ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください