Architect解説講座:第11回「スペースの設定」

ArchitectDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

11.6 スペースのラベル設定

スペースに面積や室名の情報を表示するオブジェクトをスペースラベルと言います。

11.6.1 スペースラベルの設定

スペースラベルの種類やクラス割り当てを設定します。

  • ラベルを表示:スペースラベルを表示するにはチェックを入れます。
  • クラス:スペースラベルに割り当てるクラスを選択します。「<スペースのクラス>」を選択するとスペース自体に割り当てられるクラスがラベルにも割り当てられます。
  • ラベルシンボル:スペースラベルの種類を選択します。
  • ラベル角度:スペースラベルを傾ける際に角度を入力します。
  • フィールド一覧:選択したスペースラベルに含まれる文字列に対し、どの情報を表示するかを表します。フィールドを選択するとラベルのプレビューに表示される文字列が赤くハイライト表示されます。
  • フィールドの書式:フィールド一覧で選択した文字列に、表示させるスペースの情報を選択します。
  • ラベルの管理:スペースラベルを編集したり、追加したりする際に使います。ここで追加したスペースラベルは、アクティブファイルのみ有効です。
  • デフォルトとして保存:設定したスペースラベルをどのファイルでも使えるように、デフォルトラベルとして保存します。

スペースのラベル設定カテゴリ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください