Architect解説講座:第11回「スペースの設定」

ArchitectDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

11.11 詳細設定

その他の細かい設定を行います。

  • GSAを使用:IFCファイルを取り出す際に、GSAデータを埋め込みます。日本では使う場面は少ないかもしれませんが、使う場合には居住者名カテゴリのGSA用途ボタンをクリックして割り当てます。
  • デフォルト属性を取得:スペースツールの属性のコピーモードで吸い取る属性をデフォルト値にします。
  • アイドロッパ対象プロパティ:属性のコピーモード、属性のペーストモードを使う場合に、どの属性をコピー/ペーストするのかを設定します。適用列にチェックが入っているものが対象となります。
  • データパレト上のスペースプロパティ:データパレットに表示するパラメータを設定します。適用列にチェックが入っているものがデータパレットに表示されます。

詳細設定カテゴリ

 

 

次回は、実際にスペースを作成してみます。
いくつか作成方法がありますので、できるだけ解説します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください