【海外事例】今こそ3Dで正しい地形分析を

屋外環境において、地形や植栽、太陽光などを3Dモデル化し分析をすることは、美的観点からも経済的な影響からも重要です。
アメリカ ニュージャージー州のランドスケープアーキテクチャーであるDanilo Maffei氏が執筆した海外事例を紹介します。

“【海外事例】今こそ3Dで正しい地形分析を” の続きを読む

【海外事例】景観設計におけるBIMレベル2要件の適合

イギリスでは、段階を経たBIM導入を推進するために、BIMの成熟度を測る「BIMレベル」制度が導入されています。今回は、プロジェクト関係者が各専門分野のBIMモデルを互いに共有・参照する「BIMレベル2」をランドスケープデザインで取り入れた事例をご紹介します。

“【海外事例】景観設計におけるBIMレベル2要件の適合” の続きを読む