新着記事第25回「スペースの窓面積サポート」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2022

Vectorworksに搭載されている機能にスペースツールがあります。
スペースツールを使用することで、建築に含まれる空間情報を定義することができます。
Vectorworks 2022では、このスペースツールに新たな機能が追加されましたのでご紹介いたします。

“第25回「スペースの窓面積サポート」” の続きを読む

第24回「改良された階段ツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2022


今回は、Vectoreworks 2022で改良された階段ツールのご紹介です。
従来のバージョンでは、階段の高さや幅は全て設定のプロパティで、数値入力によって編集する必要がありました。
2022のバージョンから既存のオブジェクトに沿うように編集が可能になり、階段の作成と編集がより直感的に行えるようになりました。

“第24回「改良された階段ツール」” の続きを読む

第22回「室内展開図ビューポート」

ArchitectDesigner

Vectorworksには、ビューポートや断面ビューポートといった、作成した建築モデルから図面を作成していく上で便利な機能が搭載されていますが、その中でArchitectとDesign Suiteにのみ搭載されているビューポートの派生機能があります。それが室内展開図ビューポートです。

“第22回「室内展開図ビューポート」” の続きを読む

第12回「スペースの作成と集計」

ArchitectDesigner

スペースツールのパラメータについては前回解説しました。今回は実際に作成する手順を説明します。
スペースの作成と一口に言っても、みなさんのワークフローに合わせていくつか方法があります。その時々に合わせて、スムーズな方法を実践してみてください。 “第12回「スペースの作成と集計」” の続きを読む

第11回「スペースの設定」

ArchitectDesigner

BIMモデルにおいて重要なのは、建築に含まれる空間情報を定義することです。
Vectorworks Architectでは、空間情報をスペースというオブジェクトを用いて表現します。今回はスペースツールの設定項目を解説します。
基本的には各設定項目の説明ですが、一部カスタマイズの設定手順を加えています。 “第11回「スペースの設定」” の続きを読む