Architect解説講座

第11回「スペースの設定」

ArchitectDesigner

11.3.2 ゾーンの割り当て

作成するスペースがどのようなゾーン(区画/空間の分類)に属するかを設定することができます。

一覧の各ゾーン名に角括弧で書かれているのは、ゾーンタイプの名前です。各ゾーンタイプから1つずつゾーンを選択することができます。

ゾーンタイプとゾーンを追加してみます。

1. 新規ボタンをクリックします。ゾーンを作成ダイアログが表示されます。

ゾーンを作成ダイアログ

2. ゾーンタイプから新規ゾーンタイプを追加を選択します。新規ゾーンタイプダイアログが表示されます。

新規ゾーンタイプダイアログ

3. 「区画」と入力し、OK ボタンをクリックします。

ゾーンタイプ名称の入力

4. ゾーン名称に「防火区画」と入力し、OK ボタンをクリックします。

ゾーン名称の入力

5. 追加したゾーンのチェック列をクリックして、作成するスペースにゾーンを割り当てます。

ゾーンの割り当て

なお、作成したゾーンリストはユーザフォルダに保存されます。

GSA用途は、米国一般調達局が定義しているスペース用途の一覧を表示するものです。国内で使う機会はほとんどないと思います。

この機能を利用できる製品

Architect

Vectorworks Architect

建築設計や内装、ディスプレイデザインに対応した先進的なBIM・インテリア設計支援機能、拡張機能、さらには豊富な建築向けのデータライブラリを搭載した建築/内装業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Designer

Vectorworks Designer

専門分野別(建築設計/ディスプレイデザイン、ランドスケープデザイン、ステージデザイン&スポットライトプランニング)の設計支援機能、拡張機能、さらには豊富なデータライブラリを搭載した最上位の製品
詳細情報 購入ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください