Architect解説講座:第11回「スペースの設定」

ArchitectDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

11.6.3 ラベルのカスタマイズ(シンボル)

あらかじめ作成したシンボルをスペースラベルとして活用することができます。シンボルの中に表示用の文字列だけでなく、直線や四角形など、スペースラベルを見やすくするための図形を加えることもでき、表現の幅が広がります。

情報を割り当てたい文字列は、シンボルの中に「#1#」「#2#」のように、半角数字の両端に半角シャープをつけた文字列を作成しておきます。

1. ラベルの管理ボタンをクリックします。ラベルの管理ダイアログが表示されます。

ラベルの管理ダイアログ

2. 新規ラベル(シンボル)ボタンをクリックします。新規ラベル(シンボル)ダイアログが表示されます。

新規ラベル(シンボル)ダイアログ

3. 「サンプルラベル(シンボル)」を選択し、OK ボタンをクリックします。

4. ラベルの管理ダイアログで、先ほどの「サンプルラベル(シンボル)」が選択されていることを確認し、OK ボタンをクリックします。このとき、シンボルが縮尺追従設定になっていると、縮尺無視設定への変更を確認するダイアログが表示されますので、はいをクリックします。

追加されたラベルシンボル

5. スペースを設定ダイアログのフィールド一覧で、それぞれのフィールドを選択し、フィールドの書式から表示したい情報を割り当てます。編集ボタンをクリックすると、文字列の前記号と後記号を設定することができます。

  • 番号 01:スペース名
  • 番号 02:天井高
    • 後記号:mm

フィールドの割り当て

あらかじめシンボルを作成しておき、中に含まれる文字列に表示内容を割り当てることがで、スペースラベルとして活用することができます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください