マリオネット解説講座

第13回「マリオネットスクリプトの暗号化」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2021
マリオネットで作成したプログラムはPythonスクリプト形式で取り出すことができるのをご存知でしょうか。今回はこのPythonスクリプト取り出し機能を使ってマリオネットスクリプトを暗号化する方法をご紹介します。

“第13回「マリオネットスクリプトの暗号化」” の続きを読む

マリオネット解説講座

第12回「コントロールジオメトリの解説」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2021

マリオネットオブジェクトでのコントロールジオメトリの使い方を解説します。
コントロールジオメトリをマスターすることで効率よく形状を操作できるパラメトリックオブジェクトを作ることができるようになります。

“第12回「コントロールジオメトリの解説」” の続きを読む

Landmark解説講座

第14回「強化された勾配ツール」

ArchitectLandmarkDesigner2021

みなさま、勾配ツールはお使いでしょうか?

地形の勾配を表示させるだけでなく、勾配図形から3Dオブジェクトを作成することもできるのです。そんな勾配ツールがVectorworks 2021から強化され、勾配図形同士を自動結合したり、勾配値で地形モデルを変形させることができるようになりました。
今回は、勾配ツールの基本操作と2021で強化された機能をご紹介します。

“第14回「強化された勾配ツール」” の続きを読む

よくある質問解説講座

第21回:「基準面とは?」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

Vectorworksの画面上部には「アクティブな基準面」という項目があります。

ここでは「オート」や「レイヤプレーン」などが選択できますが、そもそも基準面とはなんでしょうか?
今回は図形の配置や3Dモデリングに役立つ、「基準面」についてご紹介します。

“第21回:「基準面とは?」” の続きを読む

よくある質問解説講座

第20回「さまざまな3Dモデルの作成方法」- 3Dパス図形編 –

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

Vectorworksには、建具やインテリアなどさまざまなオブジェクトが標準リソースとして搭載されており、それらを自由にお使いいただくことができますが、どうしても希望されるオブジェクトがなかったり、細かい形状などにこだわりたい場合にはご自身で3Dモデルを作成することも多いかと思います。
そういった際、便利にご利用いただける機能をご紹介いたします。

“第20回「さまざまな3Dモデルの作成方法」- 3Dパス図形編 –” の続きを読む