お知らせ

【更新】Vectorworksオープンキャンパスの延期・再開について

新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、感染拡大防止の観点から以下の会場の開催を延期しておりましたが、各会場の新しい日程が決まりましたので、ぜひ皆様お申し込みください。

お申し込みは、オープンキャンパス Webページにて承っております。

“【更新】Vectorworksオープンキャンパスの延期・再開について” の続きを読む

Landmark解説講座

新着記事第21回「手摺、フェンス、御簾垣の作り方」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner

みなさま、手摺/フェンスツールはお使いでしょうか?
これ実は、目隠しとしてのフェンスや階段の手摺、和庭に置く御簾垣まで表現をすることが可能なんです。
今回は、この手摺/フェンスツールの使い方について解説します。

“第21回「手摺、フェンス、御簾垣の作り方」” の続きを読む

Architect解説講座

新着記事第25回「スペースの窓面積サポート」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2022

Vectorworksに搭載されている機能にスペースツールがあります。
スペースツールを使用することで、建築に含まれる空間情報を定義することができます。
Vectorworks 2022では、このスペースツールに新たな機能が追加されましたのでご紹介いたします。

“第25回「スペースの窓面積サポート」” の続きを読む

よくある質問解説講座

第30回「レンダーカメラとは何でしょうか?」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

Vectorworksのビジュアライズ手法は、アイデアを実現し、クライアントにデザインの意図を伝えるのに役立ちます。

今回は、Vectorworksでネイティブに使用できるRenderworks機能の中から、レンダーカメラをご紹介します。絵に描いたようなビューを作成し、どのように活用するかをご覧ください。

“第30回「レンダーカメラとは何でしょうか?」” の続きを読む

お知らせ

Vectorworks 2022のサービスパック3がリリースされました

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner2022

本日、Vectorworks 2022のサービスパック3がリリースされました!

今年2回目のサービスパックアップデートは、Vectorworks 2022とVectorworks Cloud Servicesにエキサイティングな機能を導入しています。
Cloud Servicesは全世界同時リリースのため、すでにご利用いただけますが、改めてご紹介します。

“Vectorworks 2022のサービスパック3がリリースされました” の続きを読む

Spotlight解説講座

第21回「Lighthing Deviceの改良」

SpotlightDesigner2022

Vectorworks Spotlight 2022は、何よりもまずファイルのパフォーマンスを向上させるために再設計されました。特に、照明器具(Lighthing Device)の操作において、大幅な改良が加えられています。

今回は、さらに使いやすくなったLighthing Deviceの新機能についてご紹介します。

“第21回「Lighthing Deviceの改良」” の続きを読む

Landmark解説講座

第20回「地形モデルの構成要素」

ArchitectLandmarkDesigner2022

過去の記事で複数回にわたって色々な作成方法をご紹介してきた地形モデルですが、Vectorworks Landmark 2022ではさらに構成要素の設定が可能となりました!
地形モデルに構成要素を追加することで、地層を表現することができます。

また他にも新たな機能として、地形モデルに測量点を設定することができ、ポイントごとに地層の深さや厚みを指定することが可能です。
今回は、この地形モデルの構成要素と測量点の設定方法についてご紹介します。

“第20回「地形モデルの構成要素」” の続きを読む

Architect解説講座

第24回「改良された階段ツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2022


今回は、Vectoreworks 2022で改良された階段ツールのご紹介です。
従来のバージョンでは、階段の高さや幅は全て設定のプロパティで、数値入力によって編集する必要がありました。
2022のバージョンから既存のオブジェクトに沿うように編集が可能になり、階段の作成と編集がより直感的に行えるようになりました。

“第24回「改良された階段ツール」” の続きを読む