Spotlight解説講座:第11回「座席セクションレイアウト_座席空間の作成」

SpotlightDesigner

イベント会場の客席のレイアウトを検討する際に、座席セクションレイアウト機能を使うことで、作図した客席エリア内に配置可能な席数の確認ができます。また、段差がある空間に対して高さを指定しての配置や、通路にしたいスペースの椅子を削除することで客席全体のシミュレーションも可能になります。
今回は、決められたエリア内に椅子シンボルを配置する方法をご紹介いたします。

“Spotlight解説講座:第11回「座席セクションレイアウト_座席空間の作成」” の続きを読む

【海外事例】Landmark 2020の主なデザインを詳しく見る

2019年4月にオープンしたシンガポールのチャンギ空港にある大型複合施設Jewelは、Vectorworks Landmarkによってランドスケープデザインがされました。
今回は、Vectorworksだからこそ為し得たデザインの詳細をご紹介します。

“【海外事例】Landmark 2020の主なデザインを詳しく見る” の続きを読む

Spotlight解説講座:第10回「トラスの配置:メーカー規格のトラスを配置」

SpotlightDesigner

トラス配置ツールを使うことで、Eurotruss、Tomcat、JThomasをはじめとする10社のトラスを接続箇所を気にすることなく、ワンクリックで配置ができます。今回は、トラスオブジェクトのクラスの構成と配置方法をご紹介いたします。

“Spotlight解説講座:第10回「トラスの配置:メーカー規格のトラスを配置」” の続きを読む

Spotlight解説講座:第9回「連結したスピーカーの配置」

SpotlightDesigner

複数のスピーカーを連結させたシステムとして配置をする場合は、スピーカーアレイツールを使用します。異なるモデルのスピーカーを連結できるため、機材変更が生じた場合にもとても有効です。
今回は、スピーカーアレイツールを使った配置方法、有効範囲の表示方法、クラス割り当ての方法をご紹介します。

“Spotlight解説講座:第9回「連結したスピーカーの配置」” の続きを読む

よくある質問解説講座:第5回「レイヤとクラス」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

Vectorworksでは図面を階層化・管理するために、レイヤ・クラス・ビューポート・登録画面などの機能が搭載されています。

今回はその中でも図形の表示設定や図面の階層化に欠かせない「レイヤ」と「クラス」についてご紹介していきます。

“よくある質問解説講座:第5回「レイヤとクラス」” の続きを読む

Spotlight解説講座:第8回「単一スピーカーの配置」

SpotlightDesigner

単一スピーカーをグランドスタック、三脚、フライングなど設置方法のデザイン変更を踏まえて配置したい場面では、スピーカーツールを使用します。
今回は、スピーカーツールを使った配置方法、設置種類の変更、クラス割り当ての方法をご紹介します。

“Spotlight解説講座:第8回「単一スピーカーの配置」” の続きを読む