Architect解説講座:第2回「壁ツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2013/09/421/
Pinterest
RSS

2.1.3 高さの設定

続いて、壁の高さを設定します。

1. 壁の設定ダイアログの配置オプションタブを選択します。

配置オプション

2. 各パラメータを設定することで、作成する壁の高さやオフセットを指定することができます。ここでは、以下のように設定し、OK ボタンをクリックします。

  • 高さ
    • 高さ基準(上):「壁の高さ(レイヤ設定)」
    • オフセット(上):「0」
    • 高さ基準(下):「レイヤの高さ」
    • オフセット(下):「0」
  • 端:「両方」
  • クラス:「一般」
  • オフセット:「50」
  • テクスチャ:「図形のテクスチャを使用」「テクスチャなし」

配置オプションの設定

高さ基準の種類については後ほど説明します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください