Architect解説講座:第2回「壁ツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

2.2.3 スタイルとして保存

前のステップで作成した壁の構成要素を壁スタイルとして保存することができます。壁スタイルはシンボルのようにリソースとして保存されるため、リソースブラウザを通して他のファイルからも見ることができ、別プロジェクトのファイルにも流用することができます。

1. 壁の設定ダイアログの設定を壁スタイルとして保存ボタンをクリックします。名前をつけるダイアログが表示されます。

壁スタイルの保存

2. 「木造外壁」と入力して OK ボタンをクリックします。壁の設定ダイアログは OK ボタンをクリックして閉じます。

壁スタイル名の入力

3. 保存された壁スタイルは、リソースブラウザの壁スタイルカテゴリに登録されます。

登録された壁スタイル

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください