Architect解説講座:第2回「壁ツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

2.1.2 厚みと属性の設定

まずは、壁の厚みを設定します。

 

1. ールセットパレットの建物グループに入っているツールを選択します。

2. ツールバー設定ボタンをクリックします。壁の設定ダイアログが表示されます。

壁の設定ダイアログ

3. 情報タブの全体の厚みに「200」と入力します。

厚みの入力

4. 壁属性の編集ボタンをクリックします。壁の属性ダイアログが表示されます。

壁の属性ダイアログ

5. このダイアログでダブルライン全体の面や線の属性を設定することができます。ここでは、以下のように設定し、OK ボタンをクリックします。クラス属性は使いません。

    • 面のスタイル:「カラー」
    • 面の色:「黒」
    • 線のスタイル:「カラー」
    • 線の色:「黒」
    • 線種:「0.05」
  • 不透明度:「50」
  • 壁の端部:「壁線の属性を使用」

壁の属性の入力

6. 壁の設定ダイアログに、設定した壁のプレビューが表示されます。
なお、壁の属性ダイアログで面や線などの「クラス属性」にチェックを入れた場合、上記設定はできず、壁オブジェクトに割り当てられるクラスの属性が適用されます。

壁のプレビュー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください