Architect解説講座:第2回「壁ツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

Vectorworks には「壁」ツールが搭載されています。壁ツールを利用することで、2D と 3D 両方の属性を持ったオブジェクトを作成することができ、シンボルやプラグインオブジェクトを壁に挿入することができるようになります。

今回は、壁ツールの設定と作図方法について解説します。

ストーリに関わる部分はArchitectのみの機能となりますが、それ以外はLandmark、Spotlightでもご利用可能です。

2.1 単純壁の作成と変更

まずは、壁ツールで単純なダブルラインを作成してみます。今回は「ツールセット」の「建物」グループにある「壁」ツールのみを使用します。

2.1.1 準備

1. こちらより圧縮された Vectorworks ファイルをダウンロードしてください。

2. ダウンロードしたファイルを解凍し、「壁_単純壁.vwx」をVectorworks で開きます。

ファイルを開く

3. 開いたファイルにはすでにストーリを設定してあります。ストーリについてはこちら

ストーリ

4. アクティブレイヤを「床-2F」に変更します。

ナビゲーションパレット

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください