Architect解説講座:第2回「壁ツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2013/09/421/
Pinterest
RSS

2.2 複合壁の作成と変更

実際の壁は複数の材料で構成されています。Vectorworks では複数材料で構成される複合壁を設定することができます。さらに Architect であれば、設定した複合壁を壁スタイルとして保存することができます。壁スタイルはリソースとして保存され、シンボルのように他のファイルでも利用することができます。よく使う壁スタイルを 1 つのファイルに集約すれば、各プロジェクトでもすぐに既存の壁スタイルを使うことができます。
今回は木造住宅の壁の構成を作成してみます。

2.2.1 準備

1. 単純壁のセクションでファイルをダウンロードしていない場合は、こちらより圧縮された Vectorworks ファイルをダウンロードしてください。

2. ダウンロードしたファイルを解凍し、「壁_複合壁.vwx」を Vectorworks で開きます。

ファイルを開く

3. 開いたファイルにはすでにストーリが設定してあります。ストーリについてはこちら

ストーリ

4. ナビゲーションパレットで、アクティブレイヤが「1F-壁」になっていることを確認します。

アクティブレイヤ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください