よくある質問解説講座

第9回「リソースライブラリのカスタマイズ」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

リソースライブラリってご存知ですか?属性パレットでハッチングやタイルを選ぶと、あらかじめ保存されたリストが出てきますが、あれです。実は、自分なりのリソースライブラリを保存できるんです。

リソースをどこに保存するかというと「ユーザフォルダ」です。
普段Vectorworksを使っているとユーザフォルダを意識することはないかもしれませんが、Vectorworksは「アプリケーションフォルダ」と「ユーザフォルダ」の両方を参照しながら動作しています。

9-1. ユーザフォルダについて

ユーザフォルダはいろいろな場面で利用されています。
例えば、作業画面をカスタマイズすると、それはユーザフォルダに保存されます。また、テンプレートを作成した場合も、ユーザフォルダに保存されます。

9-1-1. ユーザフォルダの場所

ユーザフォルダはOSの設定により、通常は不可視フォルダに格納されていますが、探し方は簡単です。
Vectorworksの環境設定を開き、ユーザフォルダタブのフォルダを直接表示をクリックします。MacであればFinderで、WindowsであればExplorerで表示されます。

 場所の変更
FinderやExplorerで簡単にアクセスしたい場合は、選択をクリックして、任意の場所に変更することも可能です。

9-1-2. ユーザフォルダの構成

ユーザフォルダの中でよく使うものは以下のフォルダになっています。

      • ユーザフォルダ
        • Libraries
          • Default
            • Attributes – Gradients(グラデーション)
            • Attributes – Hatches(ハッチング)
            • Section – Markers(断面マーカー)
            • Templates(テンプレート)
            • などの各種属性・シンボル用フォルダ
          • オブジェクスタイル
            • 壁_スラブ_屋根
            • 舗床
            • ドア
            • などのプラグインオブジェクトスタイル用フォルダ
        • WorkSpaces(作業画面用フォルダ)

9-2. リソースライブラリの登録

では、実際にリソースを登録する方法を見てみましょう。今回はハッチングと壁スタイルの登録方法をご紹介します。

1. 新規のファイルでリソースマネージャから新規ハッチングを作成します。

2. ハッチング編集ダイアログで、登録したいハッチングを自由に作成します。

3. リソースマネージャにハッチングが登録されたのを確認します。ここでは「マイ ハッチング1」という名前で保存しています。

4. ハッチングを作成したファイルを任意の場所に保存します。ファイル名は自由に設定できます。

5. 保存したファイルを下記の場所に移動します。ファイルを保存するときに、直接下記のフォルダを指定しても構いません。

      • ユーザフォルダ
        • Default
          • Attributes – Hatches(ハッチング)

6. Vectorworks一旦終了し、再度起動します。

7. 属性パレットでハッチング選択すると、リソースセレクタのユーザライブラリにハッチングを登録したVectorworksファイルが表示されます。

 リソースの追加
リソースライブラリに保存したファイルを開き、別のハッチングを追加することで、ユーザライブラリの更新ができます。

1つのファイルに複数のハッチングを登録することができるので、皆さんの設計環境に合わせて、リソースをカスタマイズしてみてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください