よくある質問解説講座:第5回「レイヤとクラス」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

Vectorworksでは図面を階層化・管理するために、レイヤ・クラス・ビューポート・登録画面などの機能が搭載されています。

今回はその中でも図形の表示設定や図面の階層化に欠かせない「レイヤ」と「クラス」についてご紹介していきます。

5-1.レイヤとクラスの違い

Vectorworksはレイヤを「デザインレイヤ」「シートレイヤ」の2種類で区別していますが、今回は「デザインレイヤ」と「クラス」について比較していきます。

5-1-1. デザインレイヤ

デザインレイヤは手描きで図面を作成する際の、トレーシングペーパーのような機能です。

紙が重なっていくように、各レイヤは前後関係を持っています。前にあるレイヤの図形が優先的に表示されます。

必要に応じて各レイヤを表示・非表示・グレイ表示に切り替えたり、前後関係を変更したりすることで表現を簡単に変更できます。

またレイヤ間の距離をそれぞれ設定できるので、「1F」「2F」「3F」「屋根」などの高さの異なる図形を自然に分割できます。

3Dのビューでも各レイヤの表示設定が行え、全体を表示させて完成図を3Dで確認したり、操作しやすいように任意のレイヤをグレイ表示・非表示にしたりすることで、効率的な作業に役立てられます。

5-1-2.クラス

レイヤが「紙が重なっていくような横割りの管理」を行うのに対し、クラスは複数レイヤにまたがる図形を「種類ごとに管理」します。

デザインレイヤで階別に分けた図形を、さらに「壁」「建具」「住宅設備」「寸法」・・・とクラス分けをすれば同一ファイルから、情報を取捨選択したさまざまな図面を作成できます。

さらに、クラスは図形の属性やテクスチャ、文字スタイルを管理できます。

例えば建具の色を変更する時、全ての建具を選択してから属性を変更するのではなく、あらかじめ建具を「建具」クラスに設定しておくことで漏れなく一括で変更ができます。

5-2. デザインレイヤ・クラスの作成

1. 新しいデザインレイヤ・クラスの作成はいくつかの場所から行えます。

  • オーガナイザダイアログツールオーガナイザ)のクラスまたはデザインレイヤのタブから、「新規」を選択

  • 表示バーのアクティブクラス・アクティブレイヤのドロップダウンリストから「新規クラス」または「新規デザインレイヤ」を選択

  • ナビゲーションパレットのクラスまたはデザインレイヤのタブから、何もない場所を右クリックし「新規」を選択(ナビゲーションパレットはデザインシリーズでお使いいただけます)

2. クラスの作成又はデザインレイヤの作成ダイアログに任意の名前を入力し、OKをクリックすると新規のレイヤ・クラスが作成されます。

3. 以下手順で編集ダイアログボックスを表示させると、クラス・デザインレイヤの設定が行えます。

  • オーガナイザダイアログから任意のクラス・レイヤを選び、「編集」を選択
  • ナビゲーションパレットから任意のクラス・レイヤの上で右クリックし、「編集」を選択

5-3.デザインレイヤ・クラスの割り当て

Vectorworksではすべての描画図形に、クラス・レイヤが割り当てられます。これは基本的に作図時のアクティブクラス・アクティブレイヤとなります。

図形を選択するとオブジェクト情報パレットから、現在割り当てられているクラス・レイヤが確認できます。変更を行いたい場合は名前の上でクリックし、任意のクラス・レイヤを選択します。

5-4.レイヤ・クラスの表示設定

アクティブなレイヤやクラスは常に表示されますが、アクティブでないものは表示・非表示・グレイ表示と設定できます。表示設定は主に2つの方法があります。

5-4-1. オーガナイザでの表示設定

オーガナイザダイアログ(レイヤ・クラスタブ)の「表示設定」欄から各レイヤ・クラスの表示を切り替えます。

表示

他のクラスとレイヤがアクティブな時も表示されます。

非表示

他のクラスとレイヤがアクティブな時は非表示になります。
グレイ表示 他のクラスとレイヤがアクティブな時にグレイ表示されます。

5-4-2. ビューメニューでの表示設定

ビューメニュー他のクラス/レイヤをからアクティブでないクラス・レイヤの表示設定を選択します。

※「オーガナイザでの表示設定」が優先されます。

+スナップ 「表示」または「グレイ表示」の図形にスナップすることができます。
+編集 「表示」のクラスとレイヤ内の図形を編集できます。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください