お知らせ

【海外事例】Landmark 2020の主なデザインを詳しく見る

2019年4月にオープンしたシンガポールのチャンギ空港にある大型複合施設Jewelは、Vectorworks Landmarkによってランドスケープデザインがされました。
今回は、Vectorworksだからこそ為し得たデザインの詳細をご紹介します。

ランドスケープアーキテクチャのセンセーショナルな勝利であるシンガポールのJewel Changi Airportは、デザインを一新し、これまでで最も目を引き尊敬の念を起こさせるハブ空港の1つになりました。

View of the Jewel Changi Airport. Courtesy of PWP Landscape Architecture.

この再設計は、空の旅が現代の生活の定番として位置づけられているために行われました。米国連邦航空局によると、1日に平均44,000便のフライトを監督しており、年間で合計16,100,000便という驚異的な飛行を行っていると報告があります。空の旅の人気に伴い、空港の進化が必要になります。空港は恐怖心を駆り立てることができると言っても過言ではありません。特に長時間のセキュリティチェックインプロセスで乗り遅れないように、早めに到着する必要性を考慮しなければいけない点などです。空港は恐怖や不安、心配を煽るべきではありません。当然、これは空港を設計する人にとって決して意図するものではありませんが、空港自体が目的地ではなく、全くの通過点であるという感覚から逃れることは困難です。単に目的を達成するための手段と見なし、空港での時間を無駄と見なさないようにすることは難しいのです。

ただし、Jewel Changi Airportは違います。空港から連想する退屈で画一的なものではなく、15.8万平米におよぶ建築とランドスケープデザインの偉業であり、シンガポール市民と世界中の旅行者にとっての目的地です。中二階はショッピングモール、レストラン、映画館、ホテル、その他の観光スポットに隣接しており、乗り継ぎに費やす時間が楽しくないという既定概念を覆します。

私たちは、Vectorworks Landmark 2020の注目プロジェクトとしてJewel Changi Airportを選択し、ランドスケープアーキテクチャとデザインの可能性を実証しました。この画像は、あなたを注目させ、気候制御された森林保護区ではなく、実際に空港を見ているのかどうかを疑問視させます。

View of the Jewel Changi Airport. Courtesy of PWP Landscape Architecture.

Architectural Record Magazineの記事によると、プロジェクトの概要は、2030年までに空港の収容人数を6,500万から1億3,500万に増やすことでした。「アトラクション」も求められ、その性質は設計の専門家に任されていました。その点で彼らは完全に自由でした。 Safdie Architects社のMoshe Safdie氏は、「神話の庭」の提案によってその概要を満たした、と記事は述べています。

その結果、高さ約40mの滝ができました。この滝は、毎分約38,000リットルの水を空港の内部から下の再生可能な貯水池に送り込みます。 この機能は、Peter Walker and Partners(PWP)Landscape Architectureによって設計された9/11メモリアルの大きな貯水池を思い出させるかもしれません。

View of the 9/11 Memorial. Courtesy of PWP Landscape Architecture.

また、PWPはJewel Changi Airportの滝自体は設計していませんが、水流と周囲の環境に精通しているため、空港のインテリアランドスケープを設計するのに最適でした。

緑豊かな環境は資生堂フォレストバレーと呼ばれ、900本以上の木と約6万本の低木があります。 空港の最上階にあるウォーキングトレイルでは、旅行者が霧の岩の滝を横断し、上からの景色を楽しむことができます。 空港のウェブサイトによると、中央に望楼を備えた複雑な生け垣の迷路があり、迷路の入場者はゴールに到達すると、迷路のレイアウトを上から見ることができます。

2D drawing of the Jewel Changi Airport. Courtesy of PWP Landscape Architecture.

Jewel Changi Airportは、10を超えるさまざまなプロジェクトグループによって、その統一された革新的なデザインがどのように行われたのかが不思議に感じるほど素晴らしいです。 それはデザインテクノロジーの進化の素晴らしさです。かつては超えられないと考えられていたコミュニケーションの境界を超えるシームレスなコラボレーションプロセスに参加することが、これまでになく簡単になりました。

 

元記事:Planet Vectorworks

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください