Landmark解説講座

第9回「地形モデルの作成〜点群データを利用」

ArchitectLandmarkDesigner

Vectorworks2019から、3Dスキャナなどで測定した点群データを取り込み、ダイレクトに地形モデルの作成ができるようになりました。
今回は、その手順をご紹介します。

1. ファイル取り込む点群取り込みをクリックし、点群ファイル(拡張子:LAZ、LAS、PTS、E57、XYZ、PLY)を選択します。

2. ポイントが相当数になるため、取り込み時にパーセンテージを変更して制御することができます。

3. 取り込まれた点群データは、オブジェクト情報パレットの「カスタムカラー設定」で高さ情報によりわかりやすく色分けをすることも可能です。

4. ランドスケープ地形モデルソースデータから地形モデルを作成を選択し、地形モデルとして使用するポイント数を再度設定します。表示される地形モデルの設定ダイアログで必要な箇所があれば適宜設定し、OKします。

5. 点群のポイントが自動的に3D基準点に変換され、地形モデルがダイレクトに作成されます。

この機能を利用できる製品

Architect

Vectorworks Architect

建築設計や内装、ディスプレイデザインに対応した先進的なBIM・インテリア設計支援機能、拡張機能、さらには豊富な建築向けのデータライブラリを搭載した建築/内装業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Landmark

Vectorworks Landmark

地形モデルや多彩な植栽、灌水設備計画等に対応するランドスケープデザイン機能、さらには豊富な造園向けのデータライブラリを搭載した都市計画/造園業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Designer

Vectorworks Designer

専門分野別(建築設計/ディスプレイデザイン、ランドスケープデザイン、ステージデザイン&スポットライトプランニング)の設計支援機能、拡張機能、さらには豊富なデータライブラリを搭載した最上位の製品
詳細情報 購入ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください