Spotlight解説講座

第11回「座席セクションレイアウト_座席空間の作成」

SpotlightDesigner

イベント会場の客席のレイアウトを検討する際に、座席セクションレイアウト機能を使うことで、作図した客席エリア内に配置可能な席数の確認ができます。また、段差がある空間に対して高さを指定しての配置や、通路にしたいスペースの椅子を削除することで客席全体のシミュレーションも可能になります。
今回は、決められたエリア内に椅子シンボルを配置する方法をご紹介いたします。

1.座席を配置する範囲を作図します。


2.図形を選択しイベント計画 > 座席セクションレイアウトを作成… をクリックします。


3.クリックで座席を向けたい方向を指定します。

4.座席セクションレイアウト設定ダイアログの角度カテゴリ > 座席の角度の数値を変更し、向きを調整します。


5.配置設定カテゴリをクリックし、リストブラウザから椅子を選択します。


6.配置項目の横の間隔縦の間隔に任意の数値を入力し、OKボタンをクリックします。
ダイアログ内の右側にプレビュー表示されるため、確定する前に事前にレイアウトを確認できます。


2D、3D情報を持ったハイブリッドシンボルがエリア内に自動的に配置されます。

この機能を利用できる製品

Spotlight

Vectorworks Spotlight

ステージプランニングやライティング計画に対応した先進的な舞台照明計画支援機能、さらには各種メーカー製のトラスや照明機材、音響機器等の豊富なデータライブラリを搭載したエンタテインメント業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Designer

Vectorworks Designer

専門分野別(建築設計/ディスプレイデザイン、ランドスケープデザイン、ステージデザイン&スポットライトプランニング)の設計支援機能、拡張機能、さらには豊富なデータライブラリを搭載した最上位の製品
詳細情報 購入ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください