第6回 Vectorworks Landmark WEB勉強会を開催します

Vectorworks Landmark WEB勉強会では、Vectorworks Landmark の機能を中心に、ユーザのみなさまからご質問いただく機能をWEB上で操作してご紹介しています。

今回の勉強会は、「3Dモデリングとシンボルの活用方法」をテーマに、9/29(水)に開催いたします。

“第6回 Vectorworks Landmark WEB勉強会を開催します” の続きを読む

第17回「既存樹木」

もともと敷地に植生する樹木をわかりやすく管理したい、3Dで表現したい、そんな時に使えるのが既存樹木ツールです。
植栽ツールほどリアルに表現しなくても、高さや幹回り、樹冠が判別できる3Dの樹木を表現したい時にも使用できます。
ここでは、基本の使い方から樹木データを取り込んで既存樹木に変換する方法をご紹介します。

“第17回「既存樹木」” の続きを読む

第16回「Vectorworks素材集 3D植栽編を活用」

LandmarkDesigner

4月20日に発売された、「Vectorworks素材集 3D植栽編」はご利用でしょうか?
自然なパースを作成するのに役立つ3Dの植栽素材集です。
今回は、この素材集の植物を「植栽」スタイルに変更する方法と、2Dと3Dの表示を編集する方法をご紹介します。

“第16回「Vectorworks素材集 3D植栽編を活用」” の続きを読む

第5回 Vectorworks Landmark WEB勉強会を開催します

Vectorworks Landmark WEB勉強会では、Vectorworks Landmark の機能を中心に、ユーザのみなさまからご質問いただく機能をWEB上で操作してご紹介しています。

今回の勉強会は、「測量図から地形モデルを作る」をテーマに、6/29(火)に開催いたします。

“第5回 Vectorworks Landmark WEB勉強会を開催します” の続きを読む

第15回「緩やかな勾配の舗装面」

ArchitectLandmarkDesigner2021

第13回で、ランドスケープエリアを地形モデルの起伏に沿わせる方法をご紹介しました。
ただ、起伏に沿わせるのではなく、舗装面を決まった勾配で作成し、地形モデルをそれに合わせて変形したい場合もあるかと思います。
今回は、緩やかな勾配の舗装面を作成し、地形を合わせる方法をご紹介します。

“第15回「緩やかな勾配の舗装面」” の続きを読む

第14回「強化された勾配ツール」

ArchitectLandmarkDesigner2021

みなさま、勾配ツールはお使いでしょうか?

地形の勾配を表示させるだけでなく、勾配図形から3Dオブジェクトを作成することもできるのです。そんな勾配ツールがVectorworks 2021から強化され、勾配図形同士を自動結合したり、勾配値で地形モデルを変形させることができるようになりました。
今回は、勾配ツールの基本操作と2021で強化された機能をご紹介します。

“第14回「強化された勾配ツール」” の続きを読む