Architect解説講座:第6回「ビューポート」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

6.2 デザインレイヤに作成

デザインレイヤ上のビューポートは、他のデザインレイヤにあるモデルを参照するときなどに使うことができます。ここでは、躯体モデルに他のデザインレイヤに作成されているインテリアモデルを参照してみます。標準間取りなどがある場合に、このデザインレイヤビューポートを使うと便利です。

6.2.1 準備

6.1で使った「ビューポート.vwx」を再度使います。6.1でダウンロードしていない場合は、以下の手順でファイルを開いてください。6.1の操作をした場合は、アクティブレイヤを「1F-壁・スペース」をアクティブにしてください。

1. こちらより今回使用する Vectorworks ファイルをダウンロードしてください。

2. ダウンロードしたファイルを解凍し、「ビューポート.vwx」をVectorworks で開きます。

3. 開いたファイルにはすでにストーリを設定してあります。ストーリについてはこちら。

4. アクティブレイヤは、デザインレイヤ「1F-壁・スペース」がアクティブになっています。

ファイル開く

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください