Architect解説講座

第6回「ビューポート」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner

6.1.5 まとめ

ビューポートは、デザインレイヤのオブジェクトをそのまま表示するだけでなく、ビューポートごとにデザインレイヤの前後関係や、クラスの表示設定を変更することができます。

この機能を使うと、もとのモデルに対するクラスやレイヤの設定を変更せずに、シートレイヤ上の図面表現を調整することができます。平面図や断面図などにおいて、見えがかりや天井部の梁型表示などに活用できるでしょう。

注意点
ビューポートのクラス表示設定が割り当てられるのは、もとのオブジェクトの属性がクラススタイルになっている必要があります。ですので、建築3Dモデルを作成する際は、必要に応じてクラス割り当てを行うことが重要になります。

この機能を利用できる製品

Architect

Vectorworks Architect

建築設計や内装、ディスプレイデザインに対応した先進的なBIM・インテリア設計支援機能、拡張機能、さらには豊富な建築向けのデータライブラリを搭載した建築/内装業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Landmark

Vectorworks Landmark

地形モデルや多彩な植栽、灌水設備計画等に対応するランドスケープデザイン機能、さらには豊富な造園向けのデータライブラリを搭載した都市計画/造園業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Spotlight

Vectorworks Spotlight

ステージプランニングやライティング計画に対応した先進的な舞台照明計画支援機能、さらには各種メーカー製のトラスや照明機材、音響機器等の豊富なデータライブラリを搭載したエンタテインメント業界向け製品
詳細情報 購入ページ

Designer

Vectorworks Designer

専門分野別(建築設計/ディスプレイデザイン、ランドスケープデザイン、ステージデザイン&スポットライトプランニング)の設計支援機能、拡張機能、さらには豊富なデータライブラリを搭載した最上位の製品
詳細情報 購入ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください