Open BIM:13. IFCカスタムプロパティセットを使う

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

Vectorworksの図形・オブジェクトは、壁や扉といったいわゆる建物の部品以外のものもIFCオブジェクトとして設定できます。

IFCオブジェクトを活用していると、様々な属性をつける必要が出てくることがあります。 そのようなときは、プロパティセット(PSet)を使います。

プロパティセットにはIFCで定義されたものも数多くありますが、独自の属性情報をつける場合には、カスタムプロパティセットを使います。 ここでは、このカスタムプロパティセットの設定方法を紹介します。

 

■プロパティセットとは

プロパティセット (Pset_XxxxXxxx) は「属性」をIFCオブジェクトに割り当てるために使われます。

たとえば、IfcWall に対するPset_WallCommon のように、IFCオブジェクト固有のものである場合もあれば、 Pset_ManufacturerTypeInformationのように一般的なIFCオブジェクトすべてに使えるようなものもあります。

いくつかのプロパティセットとその値はIFC仕様書に明確に定義されています。オフィシャルに定義されたプロパティセットは”Pset_Xxx” という命名規則に則っています。

 

■カスタムプロパティセットとは

IFCは拡張性が高いので、IFC仕様書に定義されていない、どのようなユーザー定義データでもカスタムプロパティセットとして表現してやりとりすることができます。

カスタムプロパティセットは、データ化の決まりにならい、ユニークで正しい(既存のプロパティセットとは異なる名前で「Pset_」で始めない)名前を持つ必要があります。

Vectorworksユーザーは、IFCベースのワークフローで、Vectorworksのレコードフォーマットを使って、カスタムプロパティセットを活用することができます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください