Architect解説講座:第8回「ビューポートの設定」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2014/02/1847/
Pinterest
RSS

8.3.2 クラスの属性設定

クラス属性の設定は壁の構成要素に対して行ってみます。

 

1. クラス一覧でクラス「躯体-壁-コンクリート躯体」を選択し、編集ボタンをクリックします。クラスの編集ダイアログが開きます。

クラスの編集ダイアログ

2. グラフィック属性とテクスチャ設定を変更することができます。以下のように設定し、OK ボタンをクリックします。

  • グラフィック属性
      • スタイル:カラー
      • 色:白

クラス属性の変更

3. クラス一覧のクラス「躯体-壁-コンクリート躯体」のソース列のアイコンが、他のレイヤと異なるものが割り当たります。このビューポート固有のクラス定義を設定したことを表します。

ビューポート固有のクラス定義

4. プレビューボタンをクリックすると、コンクリート躯体部分のハッチングが白塗りつぶしに変更されます。

設定のプレビュー

5. 元に戻すボタンをクリックすると、クラス属性をもとに戻すことができます。プレビューボタンをクリックすると、もとのコンクリートハッチングに変わります。

もとに戻す

6. 一度、OK ボタンをクリックして、ビューポートクラスを表示/非表示ダイアログを閉じます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください