Landmark解説講座:第4回「造成面の作成〜造成図形の描画」

ArchitectLandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

地形モデルから平らな造成面を作成するには、造成図形ツールを使うか、多角形ツールなどで描画して図形からオブジェクトを作成を行います。

1. 敷地計画ツールセットの造成図形ツールをクリックし、ツールバーから造成面モードまたは造成面(土留め付き)モードを選択して、造成面の高さを入力します。

2. 造成面を描画します。

3. 多角形ツールで描画した場合は、土木造園図形からオブジェクトを作成を選択し、「オブジェクトタイプ:造成図形」を選択します。

4. 地形モデルの表示設定が現況地形になっている場合は、地形モデルを選択してデータパレットで計画地形に変更します。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください