Landmark解説講座:第11回「舗装の作成」

LandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

ポーチや花壇、園路などは舗床ツールで作成できます。
今回は、ポーチの作成方法をご紹介します。

1. 舗床ツールの設定ボタンをクリックして、2D/3Dで表示させるそれぞれの設定を行います。

2. 2D表面は、敷石やハッチング、タイルなどの表現ができます。ここでは「敷石 放射状」を選択して、間隔や幅を設定します。

3. 3Dはスラブにして厚みを持たせ、任意のテクスチャを割り当てます。設定が完了したらOKボタンでダイアログを閉じます。

4. 形状を描画します。曲線ツールと同じモードボタンが使えるので、切り替えながら頂点でクリックして作図します。

5. 面の表示が思った方向に出なかった場合は、属性マッピングツールで調整します。目地位置(枠の赤と緑のラインの交点)をドラッグ移動したり、枠の一辺の中点を掴んで回転ができます。

6. 3Dビューでレンダリング確認をします。

7. また、舗床ツールであらかじめ設定されているオブジェクトスタイルを使用して描いていくこともできます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください