Landmark解説講座:第19回「舗装作成〜構成表現」

LandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

Vectorworks2019から、舗床ツールにスラブスタイルを適用して舗装構成の表現ができるようになりました。
今回は、その手順をご紹介します。

1. 作成した舗床を選択し、オブジェクト情報パレットから「メインスラブのスタイル:置き換え」を選択します。

2. スラブの置き換えダイアログで、「置き換え:」から、Vectorworksライブラリオブジェクトスタイル舗床_舗床オブジェクト.vwx を選択し、任意のスラブスタイルをダブルクリックします。

3. OKボタンでダイアログを閉じると、3Dビューで舗装構成が確認できます。

4. 2D/平面ビューにして断面図を取り出します。ビュー断面ビューポートを作成を選択し、断面図を作成したい箇所でクリック-クリックして位置を指定します。

5. 新規シートレイヤに取り出しをすると、施工図に必要な舗装構成図が作成できます。

6. スラブスタイル(舗装構成)は、リソースマネージャパレットから編集ができます。スラブスタイルの上で右クリックして編集を選択します。

7. 構成を選択して編集をクリックし、必要に応じて厚みやハッチングを変更してください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください