Architect解説講座:第4回「スラブツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2013/10/494/
Pinterest
RSS

4.1.5 厚みと高さの変更

スラブスタイルを使っていない場合は、厚みと高さはデータパレットを使って変更します。

 

1. 作成した単純スラブを選択します。フライオーバーツールなどで 3D のビューに変更します。

3Dビュー

2. データパレットの形状タブにある構成ボタンをクリックします。構成要素ダイアログが表示されます。

データパレット

構成要素ダイアログ

3. 躯体という構成要素を選択し、編集ボタンをクリックします。スラブ 構成要素の属性ダイアログが表示されます。

構成要素ダイアログ構成要素の属性ダイアログ

4. 厚みを「300」に変更して、OK ボタンをクリックします。構成要素ダイアログも OK ボタンをクリックして閉じます。スラブの厚みが変更されます。

厚みの入力

変更されたスラブ

5. データパレットZ オフセットに「-100」と入力し、Return キーを押します。スラブが垂直下方向に 100mm 移動します。

データパレット

変更されたスラブ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください