Architect解説講座:第4回「スラブツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

4.1.4 スラブの作図

スラブには作成モードが 3 つあります。それぞれの作成方法を試してみましょう。壁が存在しない場合には曲線モードのみで作成可能です。境界の内側モードと壁選択モードのとき、壁がスラブと違うレイヤにある場合は、壁があるレイヤを編集できるようにします。

 

1. 曲線モード

スラブ形状の各頂点を指定しながら作図するモードです。

曲線モードでの作成

 

2. 境界の内側モード

壁に区切られた単純な境界にスラブを作成するモードです。

境界の内側モードでの作成

 

3. 壁選択モード

選択した壁を境界領域としてスラブを作成するモードです。選択する壁は閉じている必要があります。

壁の選択

壁選択モードでの作成

境界の内側モードと壁選択モードで作成した場合は、スラブの境界が自動的に壁に追従します。壁を動かすとスラブの大きさも自動的に変更されます。曲線モードで作成したスラブの境界を指定する方法は後ほど解説します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください