お知らせ

さあ、Vectorworks 2021

本日! Vectorworks 2021がリリースされました。

最近の記事をご覧になっている方は、今回のバージョンの開発テーマ が「複雑な設計をシンプルにする」ということをご存知でしょう。このリリースでは、パフォーマンスの向上、BIM機能のアップグレード、最も使用されるツールの改善、シンプルなユーザーインターフェイスを提供します。

「Vectorworks 2021 は、品質とパフォーマンスに対する当社のコミットメントの継続であり、建築、ランドスケープ、エンターテイメントの専門家に、クラス最高のデザインとBIMツールを提供するという当社の使命をさらに後押しするものです」と、Vectorworks社のCEOであるBiplab Sarkar博士は述べています。

「今回の開発テーマである『複雑な設計をシンプルにする』を掘り下げてみると、最も頻繁に使用されるツールを再設計して、機能セットの信頼性と最先端を維持していることがわかります」と続けます。

Vectorworksがサービスを提供する業界(建築、ランドスケープ、エンターテイメントなど)はすべて、さまざまな方法で進化しています。これが私たちの推進力であり、モチベーションでもあります。この進化を常に把握し、受け入れ、それに応じてお客様の仕事を前進させ続ける次のソリューションを予測することです。

Vectorworks 2021について、詳しくはこちらをご覧ください。

Vectorworks Service Selectご契約中のみなさまへは、 Vectorworks 2021提供開始のご案内を別途メールで配信しております。
送信専用アドレス(cs-no-repley@aanda.co.jp)から配信されておりますので、ご注意ください。

また、本日よりVectorworksの機能を自由な時間で学ベるサイト、Vectorworks Universityがオープンしました。
Vectorworksの基本機能を学びたい方、新機能をより良く知りたい方、ぜひVectorworks Universityをご活用ください。

Vectorworks Universityについて、詳しくはこちらをご覧ください。

Enjoy Vectorworks 2021 !

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください