お知らせ

【海外事例】今こそ3Dで正しい地形分析を

屋外環境において、地形や植栽、太陽光などを3Dモデル化し分析をすることは、美的観点からも経済的な影響からも重要です。
アメリカ ニュージャージー州のランドスケープアーキテクチャーであるDanilo Maffei氏が執筆した海外事例を紹介します。

この記事は、FAPLD、PCHであるMaffei LLCの校長Danilo Maffei氏によってNew Jersey Landscape Contractors(NJLCA)’20春号の28ページに掲載されました。

屋外環境には、多くの変数が存在します。土壌の種類、太陽の向き、水の要件、斜面、植物の耐性などです。しかし、特に3Dを考えることや、斜面、太陽の向き、太陽光解析、可視範囲の分析などを考えることは、美的観点からも非常に重要です。ある時点において既存の条件をモデル化するだけで、敷地内の特定の場所に身を置いて、その場にあるものをとても現実的に見ることができます。
このブログでは、ワークフローに3Dを取り入れる主な理由を紹介します。また、初心者から上級デザイナーまで、3Dスキルを次のレベルに引き上げるための戦略についても説明します。

3Dが必要な3つの理由

3Dをワークフローに組み込むことを躊躇している場合は、まず地形を適切に分析しないことによる経済的影響を考えてみましょう。
地形を少しだけ良く分析することで、会社はかなりの金額を節約できます。3Dソフトウェアとトレーニングへの投資のコストは、より正確な図面化により、売上の増加やコールバックの減少によって回収することができます。

3D分析を使えば、より多くの日陰を必要とする植物に提案された配置が、日当たりが良すぎて失敗するかどうかを判断できます。ありがたいことに、一日を通して太陽の動きを表現する太陽光設定を使用することで、このような状況を予測することができます。
さらに、日陰を好む植物が配置されているエリアの日陰不足を予測して、設計者に木や日よけ、パーゴラなどの日陰要素を追加するか、日当たりを好む植物に変更するように通知することができます。

さらに、地形分析のための3Dは、時間の認識をシフトさせます。
2Dプランをレイアウトするのは早いですが、視点を得るためにはデザインの複数のモデルを作成する必要があり、時間がかかります。また、3Dデータの入力には2Dデータと同じくらいの時間がかかりますが、カスタムオブジェクトのモデリングにはフロントエンドの方が時間がかかります。
モデルを作るのにどれだけ時間がかかるかを考えるのではなく、あっという間に図面が完成することを実感してください。

最終的なプロジェクトでは、デザイナーはプレゼンテーションや販売プロセスで、分析に使用した3Dモデルと同じものを使用することができます。また、プロジェクトのバックエンドでは、より簡単で正確な図面の出力が可能です。

すべての設計者は、プロジェクトに3Dを使い始めると、他の設計者とのコラボレーションが簡単にできるようになります。建築家に、建築中もしくはすでに完成している建物モデルを依頼したり、測量士に3D地形データのファイルを提供するよう依頼することができます。

より良いモデリングのために選択した3Dツール

3Dワークフローを成功させるには、サポート力のある汎用性の高いソフトウェアが必要です。私にとっては、Vectorworks Landmarkです。
私の仕事は、園芸学的に集約されたデザインと建築物や敷地のディテールを重視しています。植物がどのように見えるか、あるいは敷地内の建物と一体化しているかを視覚化することは、クライアントにとって難しいことかもしれません。Vectorworksは、ランドスケープの植栽と施工の両方の側面を事前に視覚化し、レポート作成と施工の図面化を可能にします。

さらにLandmarkでは、いくつかのツールを使って全体のランドスケープを構築することができますが、ここでは私が最も重要だと思う主なツールをいくつか紹介します。

地形モデル
地形モデルがなければ、何の上にも構築できません
太陽光設定
太陽と影の分析機能を提供します
植栽
植物オブジェクトを定義して配置します
ランドスケープエリア
これは今までで最もクールなツールです。様々な植物の組み合わせやレートを設定することができます
舗床
舗床オブジェクトを3D多角形、勾配、道路、別の舗床に整列・適合させることができます。

私は以前SketchUpを使用していましたが、3Dモデリングツールとしては、特に建物や建築物のランドスケープのために十二分に能力を発揮してくれます。課題は、ランドスケープデザインのための地形モデリングとネイティブサポートにありました。私個人としては、ランドスケープのデザインでもっとサポートが必要でした。
植物データを管理、可視化、図面化するためのVectorworksのツールは堅牢で、ソフトウェアとの統合性が高いです。同様に、広範囲のソースデータから迅速かつ正確に地形モデルを作成・修正できるのも、Vectorworksの優れた点です。

Vectorworksのもう一つの素晴らしい点は、相互運用性です。私が一緒に仕事をしている多くの建築家は、AutoCADで2D作業を、SketchUpで3D作業を行っています。彼らがSKPファイルを送ってきたときには、家のモデルを私の地形モデルに取り込むだけなので、とても便利です。建物のモデリングをやり直す手間が省けます。

3Dワークフローのための最初の構築戦略

ランドスケープ分析に3Dを使うことに不安を感じている人へのアドバイスと戦略はシンプルです。
初心者の方は、ランドスケープオブジェクトを表現するために線や形を描くという観点から考えるのをやめて、バーチャル空間の中にランドスケープオブジェクトを構築するという思考を始めてみてはいかがでしょうか。頭の中からすべてを出して、先に構築してからが本番です。

より高度な設計者は、3Dワークフロー用に独自のオブジェクトとデータライブラリを作成してください。植物、照明器具、舗床、壁のスタイルなど、初めてオブジェクトを作成する場合はライブラリファイルで作成し、クライアントのファイルにインポートします。次にそのオブジェクトが必要になったときには、最初にどのクライアントのためにオブジェクトを作成したかを覚えておく必要はなく、ライブラリから取得することができます。また、タグやワークシートを使って図面のワークフローを自動化しましょう。
私は以下の洞察を得るためにワークシートを使用しています。

・リアルタイムのコスト見積もり
・不浸透性の適用範囲
・地形の変動
・材料スケジュール
・メンテナンスマニュアル

今こそ3Dワークフローの能力をさらに高め、プロジェクトにどれだけのメリットがあるかを確認する時です。私はいつも植栽のデザインをしていますが、簡単な太陽光解析のモデリングだけでも3Dなしでは視覚化が困難です。3D化は、私にとってもあなたにとっても、非常に簡単なのです。

著者について

FAPLD, PCHであるDanilo Maffei氏は、住宅、企業、公共施設、ホスピタリティのクライアントと仕事をしており、アウトドアも室内と同様に考慮に値するという共通のビジョンを持っています。プロジェクトの範囲は、コンパクトなものから広大なものまで多岐にわたります。公共園芸、造園、教育、市民のリーダーシップの経験を持つ彼は、庭園が私たちの経験と人々や場所との関わりを豊かにする方法について、積極的で実践的な視点を各プロジェクトにもたらします。彼は、自然と建築環境を補完する植物の選択に重点を置いて、それらが設定されている特定の条件に、意味があり、関連性があり、そして反応する屋外の場所を構想し作成することを専門としています。仕事場にいないときは、Kennett Squareの近所に犬を散歩させたり、プロのランドスケープデザイナー協会の理事会を率いたり、Longwood Gardensでランドスケープデザインを教えているかもしれません。

元記事:Planet Vectorworks

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください