お知らせ

Vectorworks 2020 SP3のご紹介

本日、Vectorworks 2020 日本語版のサービスパック3(SP3)がリリースされました!
今回のアップデートでは、多数の修正といくつかの新機能が含まれています。
ここでは、新たに搭載された機能をご紹介いたします。
七夕の贈り物で、より快適なVectorworksをどうぞお楽しみください。

品質とパフォーマンスは、私たちにとって非常に重要です。毎年Vectorworksの新バージョンをリリースし、毎年メジャーバージョンの変更を補完するために、多数のService Packアップデートをリリースしています。

研究開発は、ノンストップで行われています。私たちは、可能な限りスムーズに、そして効果的に実行できるように、常にソフトウェアを更新しています。
この考え方は、Vectorworks 2020 SP3リリースで強調されており、Vectorworksの起動画面から直接ダウンロードできます。

 SP3入手方法
Mac:Vectorworksメニュー>アップデートを確認
Windows:ヘルプメニュー>アップデートを確認

※上記でうまく入手できない場合は、アプリケーションフォルダの「Vectorworks 2020 Updater」をダブルクリックで起動してください。

 

このリリースの主なテーマは、品質とパフォーマンスの向上と、多数のパートナーアプリケーションへの接続サポートです。
概要は、以下の通りです。

1.Spotllightのパフォーマンスと品質の改善

SP3では、ライティングデバイスと概略図の再設計が導入されています。これらのアップデートにより、ファイルを開く時間とパフォーマンスが大幅に改善されます。
「Vectorworks Spotlightユーザは、ファイルのオープンと概略図の作成および操作が最大2倍高速化され、大規模プロジェクトのライティングデバイスの複製が5~10倍高速化されていることに気づくでしょう」とVectorworksの製品管理担当副社長の Darick DeHart氏は述べています。

2.GDTFとMVRのサポートを強化

GDTFファイルをVectorworks Spotlightに直接取り込めるようになりました。ファイルのデータはあらゆるライティングデバイスに適用でき、リソースマネージャ内で完全に管理することができます。

さらに重要なのは、これらのデバイスはMVR取り込みを使用してGDTFを認識するようになったVisionを含む、GDTFをサポートしているプリビズやコンソールに送ることができることです。

このアップデートでは、Spotlight、Vision、およびこれらのファイル形式をサポートするコンソール間で、完全に接続されたワークフローが提供されます。

3. Enscape for Vectorworks(無料のベータ版)

リアルタイムレンダリングアプリケーションであるEnscapeのベータ版が、SP3で利用可能になりました。

Windowsプラットフォームでお使いのVectorworksユーザは、Enscapeとのリンクを使用することで、高品質なレンダリングを短時間で作成することができます。レンダリングはライブで行われるため、デザインの変更は自動的に反映されます。デザインとレンダリングの間の反復的なワークフローを提供します。

「従来、高品質なレンダリングは困難で時間がかかり、専門家のためのものであり、デザインレビューやプレゼンテーションのためのものでした。」と、EnscapeのCEO兼共同設立者である Moritz Luck氏は述べています。
「Enscapeでは、モデルはワンクリックでレンダリングでき、デザインの変更はすぐに反映されます。Enscapeは、デザイナーのワークフローに最適なパートナーです。ユーザは1台のモニターでVectorworksを開き、もう1台のモニターでEnscapeを開くことで、デザイン変更の影響を確認することができます。」

Enscapeはさらに、没入感のあるリアルなバーチャルリアリティ機能(VR)を提供します。
ベータ版について詳しくはこちらから。2020年10月まで無料でご利用いただけます。

EnscapeならびにEnscape for VectorworksはA&A取扱製品ではありません。インストールやツールの使用方法はサポート対象外です。

4. BIM仕様のためのNBS Chorus統合

NBS ChorusをVectorworksに統合することは、Vectorworksを全体的なBIM環境にするためのもう1つのステップです。

NBS Chorusを使用すると、Vectorworksでウェブパレットを開き、モデルをNBSのオンラインデータベースに直接リンクすることができます。これにより、モデルをプロジェクト情報の主要なソースにすることができます。NBS Chorusで更新された情報は、モデルのデータレコードで自動的に更新され、双方向に働きます。

5. BCFの改善により、よりスムーズなBIMワークフローを実現

BIMコラボレーションフォーマット(BCF)は、BIMワークフローでの衝突検出、調整、品質管理の問題を伝達するために使用されます。VectorworksはBCF2.1をサポートしており、BCFマネージャはこのアップデートを反映して変更されました。BCF2.1のサポートにより、より堅牢なBIMワークフローが実現します。

6. 機械学習で画像をスタイリッシュにする

時間の制限や慣れていないことが原因で、レンダリングの作成に苦労したことはありませんか?ここにマシンラーニングが登場しました。Vectorworks Cloud Servicesを通じて、ユーザは1つのイメージの「スタイル」を別のイメージに転送できるようになり、レンダリングスタイルをイメージから派生してVectorworksレンダリングに適用できるようになりました。

これにより、芸術的なプレゼンテーションがより身近になり、カスタマイズが可能になります。

参照元:Planet Vectorworks

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください