Landmark解説講座:第16回「植物〜編集」

LandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

植物の2Dまたは3D図形を編集する方法をご紹介します。

1. オブジェクト情報パレットの「植栽スタイルの編集」をクリックします。

2. 表示をクリックして、「2D/平面 表示:現在の表示を編集」をクリックします。

3. 輪郭線を選択して、ランドマーク輪郭を植栽スケッチ表現に変更を選択します。長さや線のタイプなどを設定してOKをクリックします。

4. 属性パレットで「面:なし」にすると手描き風のスケッチラインが表現できます。「植栽を出る」ボタンで編集を終了します。

5. 3D表示を編集する場合は、リソースマネージャパレットから添景に使用されているテクスチャの上で右クリックして「編集」を選択します。

6. 色属性の「編集」をクリックし、「イメージエフェクト」をクリックします。

7. 露出やコントラストなど、各パラメータを調整し、OKをクリックします。

8. 反射属性の「編集」をクリックし、「明るさ」を調整します。数値が高いと植物が自己発光し少し目立つ感じになりますが、不自然な表現になってしまいますので調整をしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください