【海外事例】展示会によってランドスケープ業界におけるあなたの影響力がどのように伸びるか

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

Vectorworksカナダの造園業界に関する事例です。

ランドスケープのプロとして、あなたは自分自身に問いかけるかもしれません。業界のポイントは何か?なぜそれらは存在するのか?誰にメリットがあるのか?それは探す必要はありません。すでに答えがあるからです。

業界団体は、協業、教育、製品展示、および認証評価を通じて、業界を発展させます。それらは業界の知識と実践を培うために存在します。

カナダの造園産業にとって、Landscape Ontarioはその業界の中で2,000人以上の専門家が登録をしている協会です。彼らの倫理規定は、プロ意識と信頼性という共通の基盤を示しています。

Landscape Ontarioでは毎年恒例の会議が開催されます。これはカナダの造園業界にとって最大のイベントです。昨年Vectorworksカナダを開設して以来、私たちはLandmark マーケティングマネージャでPLAのEric Gilbey氏をトロントに派遣して、この新しい業界にVectorworksカナダの存在を知らせました。

メリーランドに戻ると、Gilbey氏は一般的な業界団体の価値について多くを語りました。会議のような展示会への参加は、彼の仕事の一部でもあるので、彼の意見には特に意味があります!

「その地域のランドスケープや園芸の専門家にとって素晴らしい経験です」とGilbey氏は言いました。 この会議は、Gilbey氏にとって単なる集まりではありません。デジタル化が進んでいるデザインの世界では、フェイスtoフェイスのような有機的なコラボレーションの重要性を示しています。

Landscape Ontario会議でデザインプランを発表したBobbie’s Green Thumb社のBobbie Schwartz氏

彼らのWEBサイトによると、このイベントでは数多くの製品や技術の展示に止まらず、「園芸業界の発展」に向けたセミナーを開催しています。さらに業界での影響力を拡げようとする専門家にとっては、1つの大きな価値ある経験になります。

会議の詳細

1月の会議は大規模でした。600人以上のベンダーと13,000人の出席者と10エーカーでの3日間です。
「これによって、ランドスケープの専門家はより広い業界の背景を理解することができ、この知識を利用して自分やその顧客に利益をもたらすことができます」とGilbey氏は述べました。

説明のために、彼は観客が総合的な病害虫駆除について言及したプレゼンテーションを参照しました。 「近しい業界の仲間、たとえば昆虫学者や有機植物ケアの専門家の話を聞くことは、より良い植物の選択とメンテナンス方法について話し合うという、小さいながらも顕著な方法で設計の洞察力を本当に高めることができます」と付け加えました。

Terry Vanderkruk氏は、設立当初から会議に出席しています。彼は参加する主な理由の1つとして、妥当性をあげました。「Landscape Ontarioは、高い水準を保持しています。もしあなたが自分の車や建物にそのロゴを貼り付けることができるなら、あなたはその専門業界の一員です。一員にならない理由はないでしょう。」

展示会が提供する露出度と認知度は、デザイナーのレパートリーを強化し、クリエイティブとして認証することができます。そして、それは賞を指すのではありません。

Landscape Ontarioは、総合的なデザインの優秀さと魅力が認識されることを目的とした「グリーン業界のオスカー」とも呼ばれるアワードショーを主催しています。賞は、外構用の建物、メンテナンス、デザイン、灌水、室内装飾、ガーデニング、そして管理と、分野が広範囲で、「嬉しい驚き」とGilbey氏は呼びます。彼は、Landscape Ontarioが受賞者に広く一般に認められていると感じてほしいと思っているようだと言いました。

私たちのユーザの一社、トロントにあるPartridge Fine Landscapes Ltd.は、屋外TVスペースを使ったプロジェクトで4つのLandscape Ontario Awards of Excellenceを受賞しました。会議では、屋外テレビ、25mプール、スポーツコートなどの機能を備えたユニークな屋外スペースが増加する傾向にGilbey氏は注目しました。

Partridge Fine Landscapes Ltd.のメンバーは、Landscape Ontario Award of Excellenceを受賞しています
画像提供:Partridge Fine Landscapes Ltd.

参加したいですか?

ほとんどどこにでも業界団体があり、あなたに合うところを見つけることが重要です。
イギリスでは、Landscape Ontarioと同様に、信頼性という共通の基盤を育てる専門のランドスケープ協会があります。その目的は、認定造園家のデータベースを消費者に提供することです。

一方アメリカでは、全国ランドスケープ・プロフェッショナル協会(NALP)に約10万人の会員がいて、造園家を認定し教育しています。約18,000人の来場者を誇るGIE + Expoイベントと共催して、NALPは会員の目的とLandscape Ontario議会の目的とが一致するLANDSCAPESと呼ぶ年次会議を主催します。

NALPは、ランドスケープデザイナーへ専門家への結びつきと開発を提供します。1990年に彼らは「ランドスケープデザインの専門団体を前進させ、資格を持つ専門家としてのランドスケープデザイナーの認知を奨励する」ためのAPLD認証を導入しました。APLDは、APLD国際デザインカンファレンスを今年7月25~29日にワシントン州シアトルで開催します。

もし協会に参加することを検討する理由がさらに必要であれば、APLDの会長であるDanilo Maffei氏が述べている次のことに注目してください。「私は2005年から会議を見逃していません。毎年この1週間は予定を入れません。私は時間を作り、会議に専念します。そう、オフィスにはいません。それは、使う必要があるお金ですが、充分意味のあるお金です。もう一度言います。私は大好きな人と一緒にいます。私たちはともに一生懸命働き、遊び、そして笑います。この1週間は見逃せない。」

元記事:Planet Vectorworks

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください