【海外事例】景観設計におけるBIMの使用

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

BIMに取り組むランドスケープアーキテクトの事例をご紹介します。

ランドスケープアーキテクトは、設計・施工プロセス全体に関わり続けるために、BIMを自身のワークフローに取り入れることへのプレッシャーをますます感じています。この移行は、おそらく達成しづらいほど困難に見えますが、いくつかの企業はその課題に取り組んでいます。

2001年に設立された scape Landschaftsarchitekten社は、ランドスケープ、アーバンスケープ、ウォータースケープ、ストリートスケープ、ライトスケープなど、様々な「スケープ」の設計・施工を容易にするという彼らのビジョンを実現可能にしました。都市プランナー、建築家、生態学者、そしてコミュニケーションデザイナーたちの協力と協業を経て、彼らは効果的なプロジェクト管理方法を使って、質の高いデザインを生み出す努力をしています。 

国際的に知られている配管とHVAC技術のメーカーであるViega Groupは、新しいセミナーセンターの景観設計を、scape Landschaftsarchitekten社に依頼しました。Open BIMワークフローを景観設計の専門知識と統合する良い機会とし、scape Landschaftsarchitekten社はVectorworks Landmarkの助けを借りてBIMパイオニアとして有名になりました。

元記事:Planet Vectorworks

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください