Landmark解説講座:第5回「造成面の作成〜テクスチャの範囲」

ArchitectLandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Google+
http://bim.aanda.co.jp/blog/2018/06/4167/
Pinterest
RSS

地形モデルの一部にテクスチャを割り当て、アスファルトの表現を行います。

1. 敷地計画ツールセットの造成図形ツールをクリックし、ツールバーからテクスチャの範囲モードを選択します。

2. テクスチャをつけたい箇所を描画します。

3. データパレットの「クラス設定のテクスチャ:新規」を選択し、クラスの作成ダイアログで名前を入力して「作成時に編集ダイアログボックスを表示」にチェックを入れます。

4. クラスの編集ダイアログの左側リストからテクスチャをクリックし、オブジェクトや構成要素のテクスチャで任意のテクスチャを選択してOKします。

5. 地形モデルを選択してデータパレットの更新ボタンをクリックします。設定したテクスチャが地形モデルに反映されます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください