新着記事スイッチ・コンセントツール リリース

ArchitectDesigner

スイッチ・コンセントツールがリリースされました。
このツールは壁に配置するスイッチやコンセントを作成します。スイッチなら5連まで、コンセントは4連まで作成できます。配置したスイッチやコンセントは部材をワークシートに集計することも可能です。また、室内展開図ビューポートを作成した際にも、スイッチやコンセントを図面に取り出すことができます。

“スイッチ・コンセントツール リリース” の続きを読む

レンダリングのためのガイド3_Twinmotion

最終的に、魅力的なレンダリングを作成することが、クライアントの賛同を得るための最良の方法のひとつです。完全に視覚化されたプロジェクトは、他とは比較にならないからです。

レンダリングに使用するアプリケーションはさまざまです。第3弾となる今回は、VectorworksでTwinmotionを使用するためのガイド、ヒント、およびコツを紹介します。 “レンダリングのためのガイド3_Twinmotion” の続きを読む

第30回「レンダーカメラとは何でしょうか?」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

Vectorworksのビジュアライズ手法は、アイデアを実現し、クライアントにデザインの意図を伝えるのに役立ちます。

今回は、Vectorworksでネイティブに使用できるRenderworks機能の中から、レンダーカメラをご紹介します。絵に描いたようなビューを作成し、どのように活用するかをご覧ください。

“第30回「レンダーカメラとは何でしょうか?」” の続きを読む

第24回「改良された階段ツール」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2022


今回は、Vectoreworks 2022で改良された階段ツールのご紹介です。
従来のバージョンでは、階段の高さや幅は全て設定のプロパティで、数値入力によって編集する必要がありました。
2022のバージョンから既存のオブジェクトに沿うように編集が可能になり、階段の作成と編集がより直感的に行えるようになりました。

“第24回「改良された階段ツール」” の続きを読む

この機能、お探しではないですか?

今回はアンケートによっていただいたご意見の中から「この機能がなくなった」「この機能が欲しい」などご要望のあった機能についてのご紹介です。

これまでのバージョンアップに伴い、なくなったかのように思われた機能でも、場所や名称の変更をご存知ないだけかもしれません。

“この機能、お探しではないですか?” の続きを読む