お知らせ

オープンキャンパスOnline

Vectorworks Spotlight 2020

1. 詳細な座席セクションレイアウト

座席のレイアウトをする機能がコマンドからツールになり、モードの切り替えで詳細な設定が可能になりました。さらに、雛形のクラスも使用できるようになり、少ない手数で機能を活用いただけます。
Spotlight、Designerで利用可能です

2. ヒンジトラス

トラス配置ツールから、トラスとトラスをつなぐヒンジトラスを選択して使用できます。
これにより、直線や曲線だけでなく自由な角度のトラス表現がよりしやすくなりました。
Spotlight、Designerで利用可能です

3. 概略図コマンド

新たに搭載された概略図コマンドを使用して、ビューポートを使用せずに複雑なリギングデザインを2D平面図化することができるようになりました。
元の3D図形と概略図は連動しているため、デザインレイヤ上で見やすい3Dビューにして、モデル形状を確認しながら概略図を修正することが可能です。
Spotlight、Designerで利用可能です

4. ビデオカメラオブジェクト

ビデオカメラツールが新たに搭載されました。
レンズ
ボディスタンドを選択してカメラを配置し、実際のテレビスタジオのようにカメラアングルに切り替えることができます。また、シートレイヤにカット割りを作成するのにも役立ちます。
Spotlight、Designerで利用可能です

5. DMXパッチ

新しく搭載されたDMXパッチコマンドを使用して、AddressとUniverseを決めて機種ごとにパッチをかけることができます。
ダイアログには重複チェックや空きポジションがグラフィカルに表示され、コンソール卓に持って行く前に、わかりやすく設定・修正が可能です。
Spotlight、Designerで利用可能です

 

6. MVR/GDTF

CADとコンソール、ビジュアライザーの間でデータをやり取りするためのフォーマットであるMVR(My Virtual Rig)/GDTF(General Device Type Format)。
サポートする照明メーカーが20社以上に増え、WEB上でGDTFデータを作るためのビルダーも1.0となり互換性がますます高くなっております。
Spotlight、Designerで利用可能です

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください