Landmark解説講座:第18回「植物〜配置方法(寄せ植え)」

LandmarkDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

種類の異なる植物を、複数まとめて配置をする方法をご紹介します。

1. 敷地計画ツールセットパレットからランドスケープエリアツールを選択します。

2. モードバーからランドスケープエリアの設定をクリックします。

3. 植栽情報の「分配率(カスタム比率)」にチェックを入れて「追加」をクリックします。

4. 寄せ植えにしたい植栽を選択し、「レート:」と「比率:」を入力します。

5. 同様に、追加から植栽を選択して設定をします。

6. グラフィックの「3D表示:3D植栽」を選択し、「枝張りの変化量」「樹高の変化量」を任意に設定します。「境界線のスタイル:」を雲形やスケッチ表現に設定すると、植栽のラインを直線以外で表現ができます。ランドスケープエリアを設定ダイアログをOKで閉じます。

7. 多角形を描くように、植栽の範囲指定をします。属性パレットでグラデーションなどを任意に割り当てます。

8. 3DのビューにしてOpenGLレンダリングをします。

9. エンドスケープエリアの定義がいくつか用意してありますので、参考にしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください