Architect解説講座

第15回「断面ビューポートの応用」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner

タイルの設定で壁に合わせるようにしておくと、部材が長方形に断面であっても、その形状に合わせて斜線のサイズを調整してくれます。

なので、複数のタイルをつくらなくても部材断面に斜線を表示させることができるようになります。

また、片斜線のタイルをつくることで、根太の断面表示も設定することができます。試してみてください。

根太に斜線を割り当てたところ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください