Vectorworks

2次元ユーザーに贈る、3次元モデルの作成-第3回

この記事は【2014年5月2日】に公開されたもので、2年以上経過しています。
記事の内容が古くなっていたり、新機能の追加・機能の改善が図られていることがあります。

作成したビューポートをマウスでドラッグして右に移動しておいて、もう一つ、ビューポートを作成しましょう。
手順は前と同じで、ビューだけ変えてくださいね。
設定を終えて OK ボタンをクリックすると、新たに赤い枠で囲まれたパースが表示されていますね。

ビューポート作成後画面

これをやはりマウスでドラッグして左に移動してみてください。
どうです、二つの方向からみたパースが同じ画面に共存できてます。

ビューポートレイアウト後画面

OpenGLレンダリング

Renderworksレンダリング

あとはお好みで一つか二つ、ビューポートを追加してみてください。
作成したビューポートを選択して、データパレット更新ボタンをクリックすると…..。
どうでしょう。すべてのビューポート内のモデルがレンダリングされましたよね。
これで一度に複数の方向のパースがプリント可能になります。

ここまでの手順を終了した参考テンプレートはこちらからダウンロードしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください