2次元ユーザーに贈る、3次元モデルの作成-第3回

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

1.統合ビューで見る

まずは、統合ビューを使う方法です。
統合ビューで見るメリットはやはり、くるくる回してモデルのあちこちから自由に見られることです。
「魅せる」ための3次元モデルではないといっても、動かして「見せる」のであれば、初期段階で施主さんの前にノートPC開いて、「前面道路からみると、こんな感じになってまして…」とプレゼンに使うこともできると思いますよ。

ビューメニュー>他のレイヤを>表示を選んでください。

あとは、各階のどこかのレイヤでビューメニューから統合ビューコマンドを選ぶだけです。
3Dツールのフライオーバーツールで画面をドラッグすれば、ほらくるくると各階がすべて同じパース方向で表示されますよね。

ワイヤーフレーム

ビューメニュー>レンダリングOpenGL を選ぶと、レンダリングされた状態で、くるくる。

OpenGLレンダリング

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください