2次元ユーザーに贈る、3次元モデルの作成-第2回

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

8.ドアシンボルの作成と配置

窓の次はドアを作成します。といっても窓が出来てしまえば手順はほとんど同じ。
最初の四角形が一つなことと、その模様がなしではなくて、白色のまま、ということぐらいです。
四角形ツールでドア用の枠図形を描いて、3次元に変換、シンボルとして登録してから壁に配置します。
幅900mm、高さ1890mmのドアを作成します。

ドア表示画面

ビューメニュー>ビュー>を選択します。

ツールパレット四角形ツールのアイコンをダブルクリックして、生成ダイアログを表示させます。
ドアの大きさである幅900mm、高さ1890mmを入力します。
次に、図形を配置する位置は基準を底辺右隅、座標位置をX=0、Y=0とします。

四角形生成ダイアログ

窓と同じようにドアの下端中央を配置の基準にするのは、後々面倒とならないようにするためのコツです。
OKボタンをクリックすると、画面中央に縦長の四角形が生成されます。

四角形作成後画面

作成四角形を選択して、属性パレットから面の模様にします。窓と違い壁に穴を開けるわけではないので透明にはしないでくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください