Vectorworks

2次元ユーザーに贈る、3次元モデルの作成-第2回

この記事は【2014年5月1日】に公開されたもので、2年以上経過しています。
記事の内容が古くなっていたり、新機能の追加・機能の改善が図られていることがあります。

登録が済んだら、他のシンボルを作成する前に、試しに壁に配置してみましょう。
2次元シンボルを使うのと同様の操作で壁に配置します。
まず画面を前から平面図状態にしましょう。ビューメニュー>ビュー>2D/平面を選択します。

図面南側にある壁面、中央に、窓シンボルを挿入します。

シンボル挿入画面

※最初のクリックで挿入位置、次のクリックでシンボルの方向を決めます。これは2Dシンボルなんかと同じです。
配置した窓の様子を確認してみましょう。ビューメニュー>ビュー>斜め右を選択します。

斜め右パース画面

配置の位置はOKですか?。
「壁からズレてる!」という場合には、配置したシンボルを消して、もう一度配置しなしてみましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください