2次元ユーザーに贈る、3次元モデルの作成-第2回

Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

配置された位置がよければビューメニュー>レンダリング>OpenGL を選択しましょう。

OpenGLパース

OpenGLパース

窓のある場所に穴が開いているのが判りますか? ツールパレットからフライオーバーを選択して、モデルを動かしてみてください。
きちんと開口部として穴が開いてますよね。穴が塞がっている場合は、シンボルの編集から、シンボルに入って3D多角形の模様をもう一度確認してくださいね。

確認できたら、もう一度ビューメニュー>ビュー>を選択して、他の窓シンボルを作成してください。
おっと、いけない。ビューメニュー>レンダリング>ワイヤーフレームを選択しておいてください。レンダリングしたままだと作業が見づらいですから。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください