Architect解説講座:第1回「ストーリ」

ArchitectDesigner
Facebook
Facebook
Twitter
Pinterest
RSS

1.3 ストーリの編集

作成したストーリは後からでも高さの変更をすることができます。また、デザインレイヤの設定から各ストーリに関連づけることも可能です。

1.3.1 ストーリの移動

先ほど作成した2階建てのストーリの高さを変更してみます。

 

1. ツールオーガナイザを選択すると、オーガナイザダイアログが表示されます。

オーガナイザダイアログ

2. ストーリタブをクリックすると、ファイルに登録されているストーリの一覧が表示されます。

オーガナイザダイアログ

3. ストーリ「2F」を選択し、編集をクリックします。ストーリを編集ダイアログが表示されます。

ストーリの編集

4. すでにストーリの高さに「3450」が設定されていますが、「4000」に変更してOK ボタンをクリックします。

ストーリの編集

5. ストーリの高さ変更ダイアログが表示されます。ダイアログには4つのオプションが表示されます。

ストーリの高さ変更

6. それぞれのオプションを選択した場合の結果は、以下の図のようになります。

このストーリと上にあるすべてのストーリを移動

このストーリのみを移動

このストーリと下にあるすべてのストーリを移動

すべてのストーリを移動

2 Replies to “Architect解説講座:第1回「ストーリ」”

    1. hfukuyamaさん、

      現在は、音声なしのムービーを掲載しています。
      できるだけ、動きでご理解いただけるような内容にしていますが、
      ご要望が多ければ音声付きのムービーも検討したいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください