Architect解説講座

第1回「ストーリ」

ArchitectDesigner

1.2.7 まとめ

このように、Vectorworks Architectのストーリ機能を使うことによって、建物に含まれるすべての階と、階に含まれる様々なレベルを管理することができます。基本的に作成したレベルごとにオブジェクトを配置していきます。

“第1回「ストーリ」” への2件の返信

    1. hfukuyamaさん、

      現在は、音声なしのムービーを掲載しています。
      できるだけ、動きでご理解いただけるような内容にしていますが、
      ご要望が多ければ音声付きのムービーも検討したいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください