新着記事第25回「スペースの窓面積サポート」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2022

Vectorworksに搭載されている機能にスペースツールがあります。
スペースツールを使用することで、建築に含まれる空間情報を定義することができます。
Vectorworks 2022では、このスペースツールに新たな機能が追加されましたのでご紹介いたします。

“第25回「スペースの窓面積サポート」” の続きを読む

更新記事第20回「地形モデルの構成要素」

ArchitectLandmarkDesigner2022

過去の記事で複数回にわたって色々な作成方法をご紹介してきた地形モデルですが、Vectorworks Landmark 2022ではさらに構成要素の設定が可能となりました!
地形モデルに構成要素を追加することで、地層を表現することができます。

また他にも新たな機能として、地形モデルに測量点を設定することができ、ポイントごとに地層の深さや厚みを指定することが可能です。
今回は、この地形モデルの構成要素と測量点の設定方法についてご紹介します。

“第20回「地形モデルの構成要素」” の続きを読む

第28回「作業画面の編集」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

Vectorworksを起動すると、まず初めにメニューや各種パレットなどが画面上に表示されますが、この表示される画面のことを作業画面と呼びます。
この作業画面は、作図等の作業がしやすいようにメニューの入れ替えや新しいパレットの作成など、細かく編集することができます。
今回は、この作業画面の編集方法についてご紹介します。

“第28回「作業画面の編集」” の続きを読む

第22回「室内展開図ビューポート」

ArchitectDesigner

Vectorworksには、ビューポートや断面ビューポートといった、作成した建築モデルから図面を作成していく上で便利な機能が搭載されていますが、その中でArchitectとDesign Suiteにのみ搭載されているビューポートの派生機能があります。それが室内展開図ビューポートです。

“第22回「室内展開図ビューポート」” の続きを読む

Countdown 2022:新機能紹介 vol.2

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner2022

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今回のDesignBlogでは、前回に引き続き新機能ムービーなどでピックアップされていないVectorworks 2022の新機能をご紹介します。
Vecotorworks 2022の発売まで後少し!このBlogを読みながら楽しみにお待ちください。

“Countdown 2022:新機能紹介 vol.2” の続きを読む

第27回「ショートカットキー」

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

Vectorworksには、ツールやコマンドを選択して使用する機能以外に、ショートカットキーで呼び出すことができる有用な機能がいくつも搭載されています。
今回は、このショートカットキーで動作する代表的な機能をご紹介いたします。
これらのショートカットキーをお使いいただくことで、作業がより快適になること間違い無しです!

“第27回「ショートカットキー」” の続きを読む

第26回「図形選択マクロ」

Fundamentals

Vectorworksの機能の1つに「図形選択マクロ」があります。
このコマンドは、図面上にある数多の図形の中から、指定した条件に合致する図形を一度にまとめて選択することができるコマンドです。
一度使ってその利便性を体験すると、手放せない機能になること間違いなしです!

“第26回「図形選択マクロ」” の続きを読む

「Vectorworks Service Select ご契約者様必見!」-Vectorworks旧バージョンの使用許諾について-

旧バージョンの使⽤許諾とは、最新版以前のVectorworksも使⽤できる権利を認めるサービスです。
今回は、新しくなった旧バージョンの使用許諾についてご案内します。

“「Vectorworks Service Select ご契約者様必見!」-Vectorworks旧バージョンの使用許諾について-” の続きを読む

第24回「さまざまな3Dモデルの作成方法」 – サブディビジョン編 vol.1 –

Fundamentals

Vectorworksに搭載されている機能に、サブディビジョンというものがあります。
これはサブディビジョンという3D図形に対し、編集ツールを使用してまるで粘土のように変形させ、3Dモデルを作成していくといった機能です。
今回はこのサブディビジョンについてご紹介いたします。

“第24回「さまざまな3Dモデルの作成方法」 – サブディビジョン編 vol.1 –” の続きを読む