よくある質問解説講座

第20回「さまざまな3Dモデルの作成方法」- 3Dパス図形編 –

FundamentalsArchitectLandmarkSpotlightDesigner

Vectorworksには、建具やインテリアなどさまざまなオブジェクトが標準リソースとして搭載されており、それらを自由にお使いいただくことができますが、どうしても希望されるオブジェクトがなかったり、細かい形状などにこだわりたい場合にはご自身で3Dモデルを作成することも多いかと思います。
そういった際、便利にご利用いただける機能をご紹介いたします。

“第20回「さまざまな3Dモデルの作成方法」- 3Dパス図形編 –” の続きを読む

お知らせ

第4回 Vectorworks Landmark WEB勉強会を開催します

Vectorworks Landmark の機能を中心に、ユーザのみなさまからご質問いただく機能をWEB上で操作してご紹介するVectorworks Landmark WEB勉強会
今年最初の勉強会は、Vectorworks 2021の新機能と便利な使い方」をテーマに、2/25(木)に開催いたします。

“第4回 Vectorworks Landmark WEB勉強会を開催します” の続きを読む

お知らせ

Vectorworks University 公開中です

公開から1ヶ月が経ちました。みなさま、Vectorworks機能の自習用コンテンツVectorworks Universityはご覧になりましたか?
今回は、ログインの仕方や活用方法をご紹介します。
顔を合わせてのセミナーや勉強会がなかなか難しい昨今、ぜひこういったコンテンツもご利用いただき、効率的にVectorworksをお使いください。

“Vectorworks University 公開中です” の続きを読む

Landmark解説講座

第13回「拡張されたランドスケープエリア」

LandmarkDesigner2021

Vectorworks 2021から、指定したエリアに複数の植物を配置できるランドスケープエリアの機能が拡張され、2Dでの植物や3Dでの構成要素の表現が多彩にできるようになりました。
今回は、ランドスケープエリアの拡張された機能をご紹介します。

“第13回「拡張されたランドスケープエリア」” の続きを読む

マリオネット解説講座

第10回「マテリアルノード」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner2021

Vectorworks2021では新機能”マテリアル”が搭載され注目されています。
マテリアルはテクスチャやクラス、物性値をまとめて”材料”として図形と切り離して管理することができる新しいリソースです。
このマテリアル機能にマリオネットからアクセスできるマテリアルノードをご紹介します。

“第10回「マテリアルノード」” の続きを読む

お知らせ

さあ、Vectorworks 2021

本日! Vectorworks 2021がリリースされました。

最近の記事をご覧になっている方は、今回のバージョンの開発テーマ が「複雑な設計をシンプルにする」ということをご存知でしょう。このリリースでは、パフォーマンスの向上、BIM機能のアップグレード、最も使用されるツールの改善、シンプルなユーザーインターフェイスを提供します。

“さあ、Vectorworks 2021” の続きを読む

お知らせ

Countdown 2021:コラボレーションの改善は、私たちをより良い関係へと導く

Vectorworks 2021のリリースまでに、イチオシの機能をご紹介する「Countdown 2021」も今回が最終回となりました。
効率よく作業を進めていく上でなくてはならない、コラボレーション機能の改善点についてご紹介します。

“Countdown 2021:コラボレーションの改善は、私たちをより良い関係へと導く” の続きを読む