RC柱

  • このトピックには3件の返信、4人の参加者があり、最後に小高 雄一郎により2ヶ月前に更新されました。
3件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #10335
      前田康夫
      参加者

      vectorworks2022 Architectにて

      柱にも壁と同様のスタイルを設定できますか?

      RC造の壁と柱の取り合い部分はどうやれば一体の躯体&仕上げの表現が可能になるのでしょうか。

      ご教示ください。

    • #10378
      佐藤 和孝
      キーマスター

      前田さん

      柱にはスタイル(構成要素)を設定できないので、添付ファイルのように柱に取り付く壁と、柱に回り込む下地+仕上げで壁を分けて作成してください。

    • #10557
      bachoru
      参加者

      同じような質問なので、こちらで質問させていただきます。

      Vector Works Architect 2022で、

      例えば、RC造の梁形をBIMで構成したい場合、側面を「壁スタイル」下面を「スラブスタイル」で作ってやりたいのですが、違うスタイル間で構成要素の結合はできないのでしょうか?

      同様に、下がり天井で、天井面と立ち上がり部分を同じクロス巻き込みで仕上げたい時にも、構成要素の結合ができないとどちらかのスタイルの断面が小口に出てきてしまします。このようば場合はスタイルを用いての構成はできないのでしょうか?

      よろしくお願いします。

    • #10645
      小高 雄一郎
      キーマスター

      bachoru様

      お問い合わせありがとうございます。
      また、回答が遅くなり大変申し訳ございません。

      お問い合わせの「壁やスラブの異なるスタイルでの構成要素の結合」でございますが、断面ビューポート上での表示であれば可能です。

      具体的には、結合したい構成要素同士を【同じ面属性】で設定し、断面ビューポートの「プロパティ」の属性タブ内にある「構造用図形を同じ面に結合」オプションを有効にすることで、同じ面属性で設定されている構成要素同士を結合させた状態で表示することができます。

      サンプルファイルを添付いたしますので、表示状態や設定をご確認ください。
      ※構成要素の結合を見ていただくために作成したサンプルのため、構成要素の設定などは簡略化させています。ご了承ください。

      よろしくお願いいたします。

      Attachments:
3件の返信スレッドを表示中
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。