Cloud Services解説講座

第7回「共有フォルダの新機能」

Cloud Service2021

Vectorworks Cloud Servicesに新機能が搭載されました!

普段、Cloud Servicesは使われていますか?Service Selectを契約していなくてもご利用いただけるサービスですが、新機能が搭載されました。

その名も共同編集が可能な共有フォルダ(ドド〜ン
さらに、Cloud Services上でプロジェクト共有が可能に!(ドド〜ンx2
その上、同期スピードが向上!(ドド〜ンx3

今までは一方向での共有で、共有された側はそのフォルダにアップロードすることができませんでした。今回の機能追加で、Dropboxなどのクラウドストレージと同じようにフォルダを共有可能です。

プロジェクト共有に関する記事は以下をご覧ください。

7-1. 共有の開始

ポータルサイトの場合

1. Webブラウザでポータルサイトを開きます。

2. 共有したいフォルダを選択し、共有をクリックします。

3. Cloud Servicesに登録している相手のメールアドレスを入力します。

4. アクセス権を同期と編集にします。

5. OKをクリックします。

Nomadの場合

1. Nomadを起動し、ホームを表示します。

2. 共有したいフォルダの右側にあるメニューをタップします。

3. 共有をタップします。

4. Cloud Servicesに登録している相手のメールアドレスを入力します。

5. アクセス権を同期と編集にします。

6. OKをタップします。

この機能を利用できる製品

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください