マリオネット解説講座

第4回「レイヤ追従型柱状体」

ArchitectLandmarkSpotlightDesigner

4-2. 柱状体の作成

4-1で作成した四角形のネットワークを利用して柱状体を作成します。

4-2-1. シンプルな柱状体

まずは指定した高さの柱状体を作ってみます。

  • 使用するノード
    • 入力関数初級Dim 1つ
    • 図形ソリッドExtrude 1つ

先ほどの四角形のネットワークの最後のMoveノードの出力「itemOut」をExtrudeノードの入力「hObj」につなぎます。移動後の四角形が柱状体の底面として指定されます。

Dimノードを選択し、オブジェクト情報パレットのDimに「100」と入力したら、Dimノードの出力をExtrudeノードの入力「nTop」に接続します。

4-2-2. ハイブリッド化

このままだと柱状体の形状が残らないので、底面の四角形と柱状体をグループ化します。

  • 使用するノード
    • 操作Group 1つ

Moveノードの出力「itemOut」とExtrudeノードの出力「hObj」を、Groupノードの入力「hObjs」に接続します。入力「hGroup」には何も接続しません。

これで底面の2D四角形と3Dの柱状体が1つのグループになり、2D/平面の表示のときは四角形が表示され、3Dのときは柱状体が表示されるようになります。

4-2-3. いったん確認

まずはこの段階で柱状体ができるか確認してみます。

ネットワークの任意のノードの上で右クリックして、マリオネットスクリプトを実行を選択します。
高さ100で固定の柱状体が作成されます。中心が座標「0, 0」になっているのを確認できると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください